教育ローン

教育ローンを利用しているのはどんな人?

わが子の進学費用を我が家の収入では払いきれず、教育ローンを利用するしかない状況。事前に教育費を用意できなかった自分って、親としてどうなのか・・・?いざローンに頼る、ということになると、誰もが多少は後ろめたい気持ちをもってしまう人もいることでしょう。実際に教育ローンを利用している人たちはどういう人たちなのかということについてはデータがあるので、これからご紹介してみたいと思います。

 

国民生活金融公庫が把握しているデータなのですが、いわゆる「国の教育ローン」の利用者データです。もっとも利用者の多い教育ローンが、国の教育ローンだと思いますから、教育ローン利用者の現状を知るには適切なデータではないでしょうか。このデータによれば、一番一般的な教育ローン利用者は以下のような内訳になります。1、子どもは2人の4人家族である。2、一家の稼ぎ手である父親の年齢は50歳ぐらい。3、母親のアルバイト代なども含めて、世帯の年収は650万円前後。4、教育ローンの利用目的は子どもの大学進学のため。

 

どうでしょう?この年代ではいたって平均的な年収の、ごく一般的な家族構成で、もっぱら普通の10000件以上のご家庭で利用されているわけなんです。そして、教育ローンを利用したからといって、教育費は家計で確実にまかないきれているかといえば、そうでもないというのが実情のようです。つまり、たとえば、6割以上の家庭が家族旅行を我慢したり、外食や衣類の購入を極力控えたりして何とか教育費を捻出している状況です。

 

中には当の子供自身にアルバイトをしてもらって、教育費をなんとか捻出しているという家庭も50%近くありました。教育費を用意するというのは、どこの家庭でも非常に負担が重く、教育ローンの助けを借りたりしながら何とか切り抜けているというのが、これが今の日本のごく普通の家庭の実情のようですね。

 


QLOOKアクセス解析