教育ローン

学費の返済はいっさい親任せ?

条件をクリアするのが難しい奨学金制度や公的教育ローンは利用できなかったとしても、少しでも学費を自分で負担してうちの家計を助けしたい!そんなふうに考えている学生さんもたくさんいるかもしれません。しかし、授業料を何とかしなくちゃとバイトにばかり精を出し、本業である学問の方に力が入らなくなってしまっては本末転倒ですよね。とはいえ、高い入学金を支払うほどの金額をバイトして貯めるのはとても無理だし、教育ローンは親の名義でしか借りることはできない・・・。

 

そんな親孝行の学生さんが検討するとよさそうな返済方法があります。ひとつは元金据置返済です。これは、在学中はその名のとおり元金の返済は据置いてもらえて、利息部分のみの返済をすればよいというもの。卒業後、金融機関によっては成人後という場合もありますが、元金部分もあわせて返済していくという仕組みになっています。この返済方法なら在学している間、無理をしてまでバイトをしなくても充分返済金を稼ぐことはできそうです。

 

また、卒業後はお給料の一部から返済していくことができるのでラクでしょう。とはいえ、これは返済方法のひとつの選択肢なので、ほかの教育ローンと同じ様に融資対象者は保護者つまり親のほうになります。最初のうちは固い意志で親御さんにきっちりと返済していたとしても、時がたつにつれて当初の意志もうやむやになり、感謝も薄れて・・・ということになる可能性もないとは言えないのです。

 

意志の強さに今ひとつ自信が持てない人は、「親子リレー返済」という方法を選ぶという手もあります。これだと卒業して定期的に収入が得られるようになった際に、教育ローンの名義を本人名義に変更することができるのです。そうなると親ではなく自分の借金になりますから、意志がどうのと言っていられなくなるのではないでしょうか。在学中は、とにかく勉強を第一に考えたいですし、在学中にしか体験できないこともた色々あるでしょう。そういった経験はお金には替えがたいものです。それに、充実した学生生活を満喫してくれることこそが何よりの親孝行かもしれません。ですから、何とか負担できる範囲で学費を返済していくことができれば、ご両親の喜びもひとしおと言えるでしょう。


QLOOKアクセス解析