教育ローン

大学を出すまでは親の責任?学費は協力し合って

早いもので2007年も残すところあとわずか。
年が明けると、センター試験をはじめとする受験シーズンの到来です。
この冬受験をされるお子さんをお持ちの親御さんにとっても勝負の時期といえるでしょう。

お子さんの努力の甲斐あって、晴れて合格!!となったとき、避けては通れない現実的なもの。
そのひとつに、「入学資金」「授業料」など、学費という莫大な出費があります。
こと大学に関して言えば、国公立の4年制大学でさえ、初年度には100万円近くの学費が必要になります。

教育費には、一人1,000万円かかる、とよく耳にしますが、その半分の500万円は大学4年間での費用だとか。
4年で500万円ということは、単純に考えて年間125万円。
まして兄弟が重なって大学に入ることになれば人数に応じて2倍・3倍となるわけです。
学部によって、また自宅外通学ともなれば一人暮らしをはじめるための資金もプラスされてきますから、その額は相当なものです。

こうなると、どんなに真面目にコツコツ貯蓄をしていたとしても、教育ローンに頼らざるを得ない状況も充分に考えられます。
親が子どもの教育費を負担してやれることは、親としては理想かもしれません。
でも、今の時代、終身雇用の崩壊、長年続く不況、年金に対する不安などを考えると、気持ちはあってもそこまでしてやれないのも現実です。
教育ローンで何とか学費をまかなえる状況であっても、お子さんには家計の現状を伝え協力し合っても良いのではないでしょうか?
バイト代で少しずつでも教育ローン返済の協力をしてもらうなり、社会人になってから出世払いをしてもらったり。
自分は莫大な学費をかけて大学に通っているんだ、という自覚をもつことで、密度の高い大学生活を送ることができるかもしれません。

親だからと気負わずに、お子さんとじっくり話し合いましょう。

QLOOKアクセス解析