教育ローン

教育ローンを借りるなら金利優遇キャンペーン中に

今や子供の教育は幼稚園や、幼稚園に入る前から力をいれる時代になりました。
親が裕福であれば、いくらでも子供に教育費をかけてあげたいものですが、現代の一般的なサラリーマンは収入が増える見込みもないのが現実です。
せめて、子供が大学への進学を希望した時に大丈夫なようにはしておきたいものです。
子供がどのような進路を進んでいくのかは小さいうちには分かりませんが、子供1人につき最低でも1,000万円はかかると言われています。

教育費が家計を切りつめても捻出できない場合は、教育ローンを利用すると良いでしょう。
教育ローンは金融機関でしたら大体扱っています。
銀行などの各金融機関では、受験・入学シーズンになると、教育ローンの金利優遇キャンペーンを行います。
だいたい、通常の1.5%くらいの優遇をしてくれますので、借り入れるのでしたらキャンペーンの時期にすると良いでしょう。
民間の金融機関でしたら借りるお金の使い道は幼稚園からになりますので、小さいうちから英才教育をなどと考えているご家庭には検討してみてはいかがでしょう。

また、銀行系の金融機関では、住宅ローンを利用している方に、教育ローンなどの他のローンの金利優遇を実施しているところがあります。
住宅ローンを利用しているのでしたら、その銀行に問い合わせてみるのも良いでしょう。

金利優遇キャンペーン期間中に低金利で借りても、変動型金利の場合は年2回金利の見直しがあります。
返しているうちに、金利が高くなってしまうリスクがありますので、覚えておいてください。

ほとんどの教育ローンは元金返済を子供の在学中に据え置くことができます。
子供が卒業してから、子供に返済を手伝ってもらうこともできるのです。
しかし、あまり返済期間が長くなってしまうと、金利が変わって結果的に多く返すことにもなりますので、返済期間はなるべく短い方がよいでしょう。

親ばかりが悩まないで、子供とよく相談してみましょう。
老後の資金がなくなってしまったなんてことのないように、お金の計画をしっかり建てましょう。

QLOOKアクセス解析