教育ローン

教育ローンの前に検討すべき奨学金

子供の教育費を家計でカバーしきれない現実を突きつけられたとき、おそらく多くの人が検討するのが教育ローンと奨学金ではないでしょうか。教育ローンに関しては、ローンという言葉がついていることからも、借りた金額に利子をつけて返済していく仕組みだろうというのはなんとなくイメージできます。一方、奨学金はどういう仕組みなのでしょう?奨学金というとなんとなくどこかの団体が学費をかわりに払ってくれる免除制度のようなイメージがあると思いますが、実際のところはどうなんでしょう?実は一口に奨学金といっても千差万別なのです。公的な奨学金もあれば様々な自治体や民間企業が運営する奨学金、学校が個別に設けているものもあり、国内だけでおおよそ3000以上の奨学金制度があるともいわれています。

 

まず、もっとも知名度が高いものでは、日本学生支援機構が行なっている奨学金制度があります。これは無利息の第一種奨学金と、利息付の第二種奨学金の二つの制度からなります。どちらも経済的な援助が必要である、ということがベースになってきますが、第一種の方が学力に関するハードルが高くなっています。とはいえ、第一種にしても無利息ではありますが、ちゃんと返済はしなくてはいけません。

 

それでは学費を免除してくれるような奨学金というのはどこで受付ているのでしょう?成績優秀な学生が在籍してくれることでメリットがもたらされるのは、おそらく学校本体です。ですから、学費は学校側で負担するかわりに是非我が校に来てほしい、とお願いする形で学費免除の奨学金制度を行っているのが学校なのです。ただし、すべての学校で学費免除の奨学金制度を設けているわけではありません。これは事前にチェックしておく必要があります。

 

また、相当額の学費を一部免除したり、場合によっては全額免除してくれるわけですから、当然、それに見合うような優秀な実績が求められます。それも受験シーズンに入ってからの成績結果だけでは不十分で、少なくとも高校3年間優秀な成績をキープし続けてきたという実績がなければなりません。付け焼き刃の努力で学費免除を狙うのはちょっと甘い考えかもしれません。いずれにせよ奨学金制度は、たとえ学費免除とまではいかなかったとしても、教育ローンより金利が低めに設定されている点でお得です。教育ローンを考える前に、先にチェックしておきたい制度でしょう。


QLOOKアクセス解析