教育ローン

教育ローンを比較するポイント

教育ローンを考えるのでしたら、まず公的機関が扱う教育ローンを考えることをおすすめしたいのですが、融資条件に当てはまらなかったり、融資金額が足りないということもあります。
公的機関の教育ローンを押さえた上で、民間の教育ローンを比較検討してみましょう。
ご自分がお使いのメインバンク、または、それ以外の銀行や信用金庫、JAバンクなどでも扱っています。
また、会社で労働組合に加入しているのでしたら、労働金庫(ろうきん)の教育ローンが利用できます。

民間の教育ローンを比較討するポイントですが、やはり、金利です。
銀行など金融機関では、春の入学シーズンなどに金利優遇キャンペーンを行っている場合がありますので、ホームページなどで確認すると良いでしょう。

また、金利は固定型金利を選ぶか、変動型金利を選ぶかで返済する額がかなり変わります。
選ぶのなら固定型金利をおすすめします。
変動型金利は固定型金利よりも少し安く設定してありますので、安い方を選びたいですよね。
でも、返済を短期で終わらせることができれば変動金利でも良いのですが、世の中の情勢で金利が高く変わってしまった時には返済額がかなり高くなることも予想されます。
固定型金利を選んでおいた方が、安心なのです。

大抵の教育ローンは無担保型ですが、不動産担保型の教育ローンもあります。
不動産を担保にすることで金利が低めに設定されていますが、抵当権設定などの手続きに時間が掛かりますので、早急に融資を受けたい方には不向きです。

教育ローンの返済方法には、在学中に金利返済のみにし、元金返済は卒業後まで据え置くことができるものがほとんどです。
こういった方法がとれれば、在学中は親が金利を返済し、卒業後は本人が働いて元金を返済するということができ、親の老後資金の心配もしなくて良くなりますね。

教育ローンの最長借入期間はだいたい10年です。
借入上限額は300万円程度までです。
銀行系の教育ローンでは、繰上返済が可能な場合が多いようです。

ホームページ上には、教育ローンを比較できるサイトがいくつかあり、一覧になっていて比較しやすいです。
そのようなサイトを利用すると良いでしょう。
また、いくら借りて、返済を何年で終わらせるか、事前にしっかりとした計画を建てましょう。

QLOOKアクセス解析