教育ローン

国の教育ローンの一つ、年金教育貸付

教育ローンでおすすめしたいのは、「国の教育ローン」です。
国の教育ローンには3つあり、「教育一般貸付」と「郵貯貸付」と「年金教育貸付」になります。

年金教育貸付は、厚生年金保険または国民年金の加入期間が10年以上ある被保険者が利用できる公的教育ローンです。
年金教育貸付の教育ローン、融資を受けるには条件があります。
独立行政法人福祉医療機構のあっせんを受けられた方であること。
融資の対象となる学校に入学・在学する子供の保護者であることと、給与所得額の上限を満たしていることです。
給与所得額の上限は、年間収入が990万円以内であることです。
(自営業の場合は770万円以内)

保証は、財団法人教育資金融資保証基金の保証か、または、1人以上の連帯保証人が必要になります。
財団常人教育資金融資保証基金の保証を受ける場合は保証料(年1.0%相当分)が返済に上乗せされます。

融資を受けられる学校は、大学、大学院(専門職大学院を含みます)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、各種学校、予備校、経理学校、デザイン学校などや、外国の高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院などの6ヶ月以上の留学費用にも使えます。

ただし、融資金額は少なめになっています。
厚生年金保険の被保険者は、融資金額は生徒1人につき100万円以内で、国民年金保険の被保険者の融資金額は、生徒1人につき50万円以内です。
金利は、平成19年12月12日現在で年2.5%です。
返済期間は10年以内です。
子供の在学中の元金返済を据え置くこともできます。

取扱窓口は、独立行政法人福祉医療機構です。

QLOOKアクセス解析