教育ローン

いろいろ使える 教育ローンの使用目的

「教育費」というと、具体的に何に使う費用を想像されますか?
授業料、入学金、教科書代、塾や習い事の月謝・・・etc
一言で教育費といっても、その使用目的は様々。
だからこそ、子ども一人を育て上げるにはお金がかかるんですよねぇ。

そんな教育費の問題を少しでも解消できるように、と設けられた教育ローン。
「でも、学校の入学金や授業料のためにしか教育ローンは利用できないんでしょ?」
と思っている方も多いはず。
ですが、よくよく調べてみると、教育ローンはいろいろな使用目的で使えるローンなんです。

例えば受験料。
国公立ならそうでもないですが、私立ともなると受験料といえども額はそれなりになってきます。
遠方の学校で受験会場が地方に設けられていない場合は交通費や宿泊代もかかってきます。
それが1校だけでなく、3校、4校・・・となってくるとその費用も侮れません。
そういった、交通費や宿泊費も含めた受験費用も教育ローンの使用目的の項目に入っています。

また、晴れて合格!とはならなかった場合にも、別の形で入学金や授業料が必要になってくることがあります。
来年こそは、と予備校に通うケースです。
予備校は、言ってみれば「私立」なので、ともすれば希望の国公立大学の年間授業料より高額なこともあります。
この予備校にかかる費用も、教育ローンでカバーできるんです。

教育ローンは、「教育にはいろんな分野で何かとお金がかかる」ということをきちんと踏まえて設けられているんですね。

QLOOKアクセス解析